ドルの行方

ドルの行方

ドルの行方

週は米国景気の回復期待から米国債利回りが上昇し、ドルの地合も好転。ほぼ2ヶ月ぶりの84円台を示現した。今週金曜日の米国雇用統計では民間部門を中心に15万人程度の雇用増が見込まれており、一段の金利上昇・ドル買いにつながる可能性がある。

 

また12月1日まで米韓合同軍事訓練が行われることから、地政学リスクが高まり円は買いづらい。クリスマス休暇シーズン入りで商いは薄くなるが、半年ぶりに一目均衡表の雲を上抜けしたことでテクニカルにはモメンタムが高まっており、上昇に弾みがつく可能性がある。

代表的な地政学リスクは紛争にあり

地政学リスクは、地政学的な問題により世界経済に波及するリスクをいう。アフガニスタンの対テロ戦争、チェチェン紛争、北朝鮮の核開発問題などがあり、これらに関して大きな出来事が起こると、マーケットにも大きな影響を及ぼすことがある。2010年の世界経済の動向も引き続き十分注視していかなければな.らない。地政学的リスクの問題は、冷戦体制崩. 壊以降、世界の政治的、軍事的安定性が大き く変化してきた証左である。唯一の超大国として一極集中化していた米国が、経済危機に見舞われ世界の警察官的な役割を果たせなくなっていることからますます、地政学リスクは高まっていくだろう。
ホーム RSS購読 サイトマップ